二輪車ETCについて

ETCカードは、二輪、四輪車共通で使用ができますが、四輪車用車載器は、二輪車では使用できません。四輪車用車載器は車内設置を前提として開発されています。外気に触れる機会の多い二輪車に利用することはできません。
四輪車用の車載器を二輪車に設置することは、防水性・防塵性・耐振動性の確保が不十分なため、誤作動を引き起こし通信エラーとなり開閉バーが開かないなどの危険性が高まりますので、安全にETCをご利用いただくため、二輪車専用車載器を取り付けていただく必要があります。
また、ETCのご利用につきましては、車両に設置する車載器に、ナンバープレート情報など、取り付ける車両の個体情報を登録(セットアップ)の上、無線通信処理を行うことを前提としてシステムやサービスを構築しております。

このため、たとえ課金車種の変更がない場合においても、車両(二輪車)と車載器(四輪車)の登録情報が異なることにより、ETCで行っている利用照会サービスやマイレージサービスへの登録等、各種サービスの一部がご利用いただけなくなります。なお、車載器メーカーが適合すると定めた二輪車用車載器の取り付けについては、ETCをご利用の際に定めております「ETCシステム利用規程」において規定しているところであり、ETCシステム利用規程違反が続く場合には、ETCの利用を制限したり、高速道路会社の「高速道路営業規則」に基づき各種割引を行わないなどの措置を行う場合もあるとのことですので、正しいルールに従ってETCのご利用をお願いいたします。

現在のところ、二輪車で利用可能なETC2.0対応車載器はありません。

個人情報の登録が必要となります

個人情報の登録が必要となります

正しい料金を収受するため、及び安全に関するお知らせを行うために、ご登録の際には個人情報が必要になります。

車載器を譲渡・売却・廃棄や登録情報の変更をしたい場合

車載器を譲渡・売却・廃棄・登録情報変更等を行う際は、登録解除変更手続きが必要になりますので、二輪車ETC登録事務局にご連絡ください。