導入手続きの流れ

ETCはETC車載器とETCカードが必要

ETCは、利便性を高めるためにカードと車載器が別れた構成になっています。これはカードの所有者が、ETC車載器取付車なら、どのクルマを運転しても自分のカードで支払いが行えるようにするためです。そのため、ETCカードのお申し込みとETC車載器の購入およびセットアップは、それぞれ別々に行いますが、ETC車載器取扱店では、すべてを一括して申し込めるショップもあります。

ETCカードを申し込む

まずクレジット会社の発行するETCカードを取得します。ETCカードは個人または法人単位で取得し、名義人のみが使用できます。またETC車載器が取り付けられた車両なら、所有するETCカードで車両を問わず利用できます。このシステムは、クルマの所有者ではなくカードの名義人が料金を支払えるというメリットがあります。

Check!

  • ETCカードの取得には通常のクレジットカード取得と同様の審査等があります。

セットアップ

車載器には車両情報を登録する必要があります。これは車両タイプごとに適正な料金をお支払い頂くために採用されたシステムですので、ひとつの車載器を複数の車両で共有することはできません。なお、車両情報を車載器にセットアップする作業は、セキュリティ上の確かさが求められるため、必ずセットアップ店で行います。

Check!

  • カードの申し込みから車載器の購入と取り付け、およびセットアップまでを一括して行えるショップもあります。

車載器の購入・取付

ETC、ETC2.0対応車載器はカーディーラーやカー用品店・自動車整備工場などで購入と取り付けができます。
取付作業は専門的な技術と知識が必要です。必ず、車載器メーカーが取扱説明書等で指定する方法で行ってください。
ETC2.0対応車載器を取り付ける際、従来のETC車載器が装着されている場合は必ず取り外す必要があります。

Check!

  • 車載器メーカーが指定する方法以外(シガーソケット等による簡易取付など)で取付た車載器は、道路事業者が定めるETCシステム利用規程違反となるため、利用することができません。従って、メーカーによる保証を受けることや、セットアップ店においてセットアップ(再セットアップ含む)することはできません。 最近、上記に示す不適切な取付を前提とした車載器がインターネット等で販売されているケースが見受けられますので十分ご注意ください。

ETC2.0対応車載器を取り付ける場合、「車載器取り付け車両確認書」が必要です。
記載の通りにETC2.0対応車載器が正しく取り付けられていることを、お客様自身でご確認下さい。

Check!

  • 「車載器取り付け車両確認書」は、こちら 新しいウィンドウが開きますでダウンロードが可能です。ダウンロード後、印刷して必要事項を記入の上、セットアップ店にご持参ください。