ETC2.0の新サービス

2016年度から実施中のサービス

圏央道利用分について料金水準を約2割引

まず2016年4月からは、首都圏の圏央道の料金水準が約2割引となります。

2015年度 圏央道経由の方が都心経由より料金が高い。2016年度 [ETC車]出発地と目的地が一緒ならどのルートも同一料金に。[ETC2.0車]圏央道の料金水準が約2割引となります。※都心部(首都高)経由の料金が高い場合には都心部経由の料金は引下げません。

特殊車両・大型車両の通行許可申請手続きの簡素化

大型車誘導区間内であれば渋滞や事故、災害等による通行障害発生時の迂回ができ、輸送を効率化できます。また許可更新時の手続きを自動化し、手続きが従来に比べ簡素化されます。

今後導入が予定されているサービス

一時退出・再進入の料金同一化

災害、事故時、給油目的でなどで高速道路を一時的に退出して、再進入した場合、退出せずに連続して走行した際の料金とみなします。

[現在]一旦退出した場合、再進入すると新たな走行とみなされます。[今後導入予定]再進入しても、連続した走行とみなされます。

渋滞を避けたルートを選択して料金割引

ETC2.0では走行経路情報を活用した新サービスが予定されています。例えば渋滞が激しい大都市圏で、環状道路などを使って同じ目的地に向う場合、渋滞を避けたルートを走行した時に高速道路料金が割引になるサービスが検討されています。

[今後導入予定]空いているルートを選べば料金割引。

経路情報を活用したサービス

ETC2.0により、走行経路や急ブレーキ、急ハンドルの情報を物流会社へ提供し、運行や配送の管理などを支援します。また、特殊車両・大型車両の走行経路などを把握して、道路ネットワークの賢い利用も促進します。

賢い経路選択で目的地まで円滑なドライブが可能に

大都市部では道路ネットワークの整備に伴って、経路選択の幅が飛躍的に増加。経路情報を収集・蓄積可能なETC2.0対応車載器とITSスポットにより、渋滞、事故等の状況に応じて賢く経路選択を行うドライバーに対する優遇措置が可能となります。このことは将来、道路ネットワーク全体の有効活用につながります。

駐車場での利用料金決済
フェリー乗船の簡素化

小銭の用意が不要。さらに周辺店舗情報も併せて発信することが可能になります。

ビデオで紹介!進化を続けるETC