ETC2.0サービスを利用するには

ETC2.0対応車載器(ETC2.0車載器・GPS付発話型ETC2.0車載器・DSRC車載器)が必要です。
ただし新サービスを利用するためには、2015年7月1日以降にETC2.0セットアップをした車載器が必要です。

また、ETC2.0の高速・大容量通信を活用した図形・画像情報等を活用するにはカーナビまたはスマートフォンとそれに連動するETC2.0車載器が必要です。

  • ETC2.0車載器によって適用するスマートフォンが異なります。
    詳しくは、ETC2.0車載器メーカーのHPをご覧ください。

ETC車載器をご利用の方

ETCの高速道路料金支払いしかご利用できません。

ETC
  • ETC車載器には、ETCの高速道路料金支払いサービスの機能しかありません。
  • ETC2.0サービスのご利用には、ETC2.0対応車載器(ETC2.0車載器・GPS付発話型ETC2.0車載器)に買替え、ETC2. 0セットアップをする必要があります。

DSRC車載器をご利用の方

※2015年6月末以前にセットアップした車載器

DSRC

ご利用できます。

  • 渋滞情報、安全運転支援、災害時支援情報などの情報提供サービスはご利用できます。
  • 2016年4月から実施の新サービスをご利用の場合は、現在お使いのDSRC車載器をETC2.0に再セットアップする必要があります。
  • なお、DSRC車載器のセットアップは2015年7月1日よりすべてETC2.0セットアップに切り替わりましたので、2015年7月1日以降にセットアップされていれば、再セットアップの必要はありません。
  • 「走行経路確認社会実験モニター」に参加された車載器はそのまま新サービスもご利用できます。(2013年11月1日~2014年2月25日)

車載器の購入と取付

ETC2.0車載器はカーディーラーやカー用品店・自動車整備工場などで購入と取り付けができます。取付作業は専門的な技術と知識が必要です。必ず、車載器メーカーが取扱説明書等で指定する方法で行ってください。
また、従来のETC車載器が装着されている場合は必ず取り外す必要があります。

※従来のETC車載器と、 ETC2.0車載器が同じクルマに取り付けられている場合は、機器が正しく動作しません。

車載器のセットアップ

ETC2.0ショップステッカー

ETC2.0車載器のセットアップ時には、ETC部とDSRC部の同時セットアップが必要です。別々のセットアップはできません。
車両情報を車載器にセットアップする作業は、必ずセットアップ店で行って下さい。
ETC2.0車載器のセットアップが可能なETC2.0セットアップ店には、ETC2.0ショップのステッカーが貼られています。

車載器のタイプ

カーナビゲーション連動型ETC2.0車載器

ETC2.0車載器で受信した様々な情報を、接続したカーナビゲーションで音声や画像に再生/表示することができます。
接続したカーナビゲーションでは、道路上の情報提供サービス、サービスエリアや道の駅でのインターネット接続サービスなどの広範囲で詳細な情報サービスを受けられることになります。

GPS付発話型ETC2.0車載器

カーナビゲーションでの画像表示はありませんが、音声で情報を伝えることができます。

スマートフォン連動型ETC2.0車載器

スマートフォン連動型ETC2.0車載器にETC2.0対応アプリをインストールしたスマートフォンを接続すれば、カーナビゲーション連動型ETC2.0車載器同様に、接続したスマートフォンで音声や画像に再生/表示することができます。

ETC2.0対応の車載器・カーナビゲーションでも、メーカーや商品によりサービス内容に違いがあります。

詳しくは車載器メーカーにお問い合わせください。

カーナビゲーション連動型とGPS付発話型ETC2.0車載器のサービス対応

カーナビゲーション連動型ETC2.0車載器にETC2.0対応カーナビゲーションを接続した場合と、GPS付発話型ETC2.0車載器では、ITSスポットで受けられるサービスが異なります。
ETC2.0対応カーナビゲーションで受けられるサービスと、発話型ETC2.0車載器で受けられるサービスの違いを以下に示します。
ETC2.0対応の車載器・カーナビゲーションでも、メーカーや商品によりサービス内容に違いがあります。
詳しくは、購入された車載器の取扱説明書やカタログでご確認いただくか、メーカーにご確認ください。

  カーナビゲーション連動型 発話型
画像 音声









ダイナミックルートガイダンス
ハイウェイラジオ情報
渋滞末尾情報
画像情報
落下物
SA/PA情報
多目的な情報提供
ETCサービス