ETC全般について

  • ETCとはなんですか。

  • ETCとは、有料道路における自動料金支払いシステムです。料金所ゲートに設置したアンテナとクルマに搭載した車載器との間で、無線で情報を交信し、料金を支払うシステムです。ETC搭載車両は料金所をスムーズに通過することができます。

  • どういう背景があって導入されたのですか。

  • 東/中/西日本高速道路株式会社が有料道路の渋滞発生場所を調べたところ、料金所が第1位で30%もありました。この料金所渋滞を緩和・解消するための方法として、料金所の拡幅工事などを伴わないETCが着目され制度化が進められました。。

  • どのような効果があるのですか。

    • 1.キャッシュレス社会にあった便利なシステムで、現金などを用意する必要がありません。
    • 2.料金所をスムーズに通過できますから、料金所での一時停止がなくなり、渋滞の解消に役立ちます。
    • 3.料金所付近での発進・停止の繰り返しがなくなり、排気ガスや騒音の発生が削減されます。結果として沿道の環境が改善されます。
  • 料金は、どうやって支払うのですか。

  • 無線で交信した通行情報(料金情報)は、クレジットカード機能をもつETCカード(ETC車載器に挿入します)と連携し、ETCカードの発行会社から利用者に請求されます。

  • ETCは何の略ですか。

  • ETCは、Electronic Toll Collection Systemの略です。直訳するなら「電子式料金自動収受システム」となります。

  • ETCは、どこの有料道路でも利用できるようになるのですか。

  • ETCシステムは、日本全国共通の仕様としてシステム構築されています。すでに導入済みの道路はもちろん、将来的に導入する道路もすべて同じシステムが導入されますので、ETCカードやETC車載器を使い分ける必要はありません。

  • 海外での導入事例はありますか。

  • 海外では、現在50ヵ国以上の有料道路で導入され、主に均一料金制の有料道路で実用化されています。また欧州などでは国を越境する有料道路も多く、規格統一の動きも出ています。

  • ETC2.0とはなんですか。

  • 従来、ITSスポットサービスと言われていたもので、全国の高速道路に設置されたITSスポットとの高速・大容量(ETCの4倍)、双方向通信で、世界初の路車協調システムによる運転支援サービスを受けることができます。また、交通が特定の時間や場所に集中するのを減らしたり、事故を未然に防いだり、道路の劣化を緩和することなど「賢い使い方」が可能になります。
    今後、ITSスポットを通して収集される経路情報を活用した新たなサービスの提供が可能となり、例えば、高速道路で渋滞を迂回するルートを走行したドライバーを優遇する措置などを検討中です。

  • どこでサービスが受けられるの?

  • 全国の高速道路上で広域な渋滞情報をはじめ、落下物やカーブ先の見えない渋滞を自動検知し、音声や画像で注意喚起を促すなどサービスが開始されております。今後は、駐車場・ドライブスルー等での決済サービスへの活用が期待されています。
    尚、サービス提供箇所については、国土交通省のITSスポットホームページ 新しいウィンドウが開きますをご覧下さい。

  • 一般道ではサービスは行っていないの?

  • 関東及び中部地域の一般道でも、大雨等の災害対策上必要な一部の区間において、サービスが開始されております。(山梨、長野、静岡、三重:計20箇所)

  • ETC2.0とVICSとの違いって何?

  • ETC2.0がこれまでのVICSと大きく異なるのは、高速・大容量通信を用いることで、これまでより広範囲の渋滞情報を取得できること。この「広範囲の渋滞情報を取得」というのがポイントです。従来のFM-VICS情報は都道府県単位での渋滞情報提供を中心にしていましたが、ITSスポットでは、FM-VICSよりも広い範囲(約1,000km)の渋滞情報を提供することが可能です。ETC2.0を使えば、所要時間の短いルートを効率よく案内し、目的地まで最適なルートを選べるようになるのです。また、従来のVICSサービスでは、簡易型の図形しか見れませんでしたが、ETC2.0では、静止画像が配信されるようになり様子が伺えます。

  • 従来のVICSビーコンとどう違うのですか。

  • 従来のVICSビーコン(電波ビーコン)と比べてITSスポットは格段に多い情報量のデータが提供されます。このため、従来のVICSビーコン(電波ビーコン)で提供されていた道路交通情報の範囲(道路延長で最大約200km)を超え、格段に広範囲(道路延長で最大約1000km)の情報が提供されます。加えて、安全運転支援情報(前方の危険な状況や画像情報など)も提供されます。(同じ車載器で、ETCも利用できます。)
    このようなことから、平成24年4月以降に開通した高速道路には、既に従来のVICSビーコン(電波ビーコン)に代わって、ITSスポットが設置されようになっています。

  • セキュリティ面はどうなっていますか。

  • 車載器と路側システム間のETC2.0サービスでの情報のやりとりは、高度なセキュリティー(DSRC-SPF)により保護されており、安心してETC2.0サービスをご利用いただけます。

  • アップリンクって何ですか。

  • アップリンクとは、車側から道路側に情報を受け渡すことをいいます。アップリンクにより、より精度の高い道路交通情報を生成し、ドライバーの方々に情報提供したり、交通事故の削減や道路渋滞の緩和など環境負荷低減の取り組みが期待されています。

  • プローブ情報の取得はプライバシー侵害では?

  • プローブ情報から車両または個人を特定することはできません。プローブ情報とは、ETC2.0対応カーナビゲーションに記録された走行位置の履歴などの情報で、道路管理者が管理するITSスポットと無線通信を行うことによりETC2.0対応カーナビゲーションから収集される情報です。ETC2.0対応カーナビゲーションの設定により、プローブ情報アップリンクの可否を選択できます。選択方法はETC2.0対応カーナビゲーションの取扱説明書をご覧ください。

  • どうして走行経路を把握する必要があるの?

  • ETC2.0サービスでは、それまでの情報提供サービスに加えて、新たに渋滞を迂回する走行をした場合に、優遇するサービスが検討されています。

    この新しいサービスを利用するためには、お客様がどのルートを走行したかその走行経路を確認できることが必須となります。

    そのためETC2.0セットアップでは、お客様の車載器の走行経路の情報(車載器ID付プローブ情報)の提供にご了解いただくことになっています。

    走行経路情報の提供を了解していただけない場合は、検討されている渋滞迂回経路走行時の割引サービスなど走行履歴情報を活用した新しいサービスはご利用できません。