ETCのセットアップについて

  • セットアップとは何ですか。

  • 車種により異なる料金体系をもつ有料道路を通行する際に課金ミスなどを起こさないために、またETC2.0サービスを利用するために必要な車両情報等を車載器に登録し、車載器を利用可能にする作業のことです。具体的には車検証に記載されている車両情報が入ります。

    • 車載器には個人を特定する情報を書き込みません。
  • 手続きはどのように行うのですか。

  • 車載器を新規に購入した場合はもちろん、新しいクルマへ移し替えたときや、移転などによってナンバープレートが変わったときなどにセットアップが必要になります。大切な情報を取り扱いますので、セットアップは登録店でしか行うことができません。具体的には、申込用紙に必要事項を記入し、そのシートに基づいて一般財団法人 ITSサービス高度化機構(ITS-TEA)が情報を暗号化し、その暗号化された情報をセットアップ店が車載器に格納します。
    車載器のセットアップには、「車検証」を持参の上、車載器を取り付ける車両にてセットアップ店へご来店下さい。セットアップ店にて「車載器セットアップ申込書」に必要事項をご記入いただき、セットアップ作業を受けてください。また、車検証上の使用者本人以外が記入される場合、委任状をセットアップ店へ提出してください。(詳細は、「ここ」をご覧下さい。)

  • 車載器を知人から譲り受けた場合はどんな手続きが必要ですか。

  • ご自身の車両情報を再セットアップする必要があります。引越しで管轄の陸運局から発行されているナンバープレートが変更になった場合や車載器のついた車両を譲り受けた場合も同様です。

    • 車検証の所有者、使用者情報のみに変更があった場合は、再セットアップ不要です。
  • 従来のDSRCセットアップとETC2.0セットアップの違いは?

  • ETC2.0セットアップでは新しくお客様の車載器の走行経路情報(車載器ID付プローブ情報)がITSスポットを通じて収集できるようにします。これはETC2.0を使って、走行経路を把握して料金割引などを実施するためのものです。

    2015年6月以前のDSRCセットアップされた車載器で利用できるのは情報提供サービスまでで、検討中の経路情報を活用した料金割引等の新サービスを利用するためには、ETC2.0セットアップで再セットアップする必要があります。

    • 【車載器ID付プローブ情報とは】
    • お客様が使っている車載器とそこにセットアップされている車両情報(車両ナンバー、型式等)、ならびに走行経路です。
    • お客様の氏名、住所等の個人情報は入っていません。
    • 車両ナンバーの一連の番号(例)「品川 500 あ 1234」の「1234」)含まれません。
    • 出発地と到着地の情報は収集されません。
    • 情報収集する道路会社は、収集した情報の安全な管理に努め、ETC2.0の経路優遇サービス等の目的以外で使用しないこととされています。