西仙北スマートIC

所在地 秋田県大仙市強首
利用可能車種 ETC車載器を付けた全車(12.0m以下)
利用可能時間帯 6:00~22:00
利用形態 上下線ともに全方向対応

上り、下りの入口と出口を集約したスマートICです。名物の大曲花火見物や、大仙市内の温泉、観光施設へのアクセスに大変便利です。


上り、下りの入口と出口を集約したスマートICです。名物の大曲花火見物や、大仙市内の温泉、観光施設へのアクセスに大変便利です。

接続サービスエリア・パーキングエリア西仙北サービスエリア

※利用上の注意点

上下線ともに西仙北スマートIC入口から西仙北SAのご利用は出来ません。
上下線ともに西仙北SAご利用いただいたあとは、西仙北スマートIC出口のご利用は出来ません。

パーキングエリア 大型: 28 / 小型: 46
トイレ 男大: 3 / 男小: 9 / 女: 11
障害者用施設 駐車場: 1 / トイレ: 1
パーキングエリア 大型: 24 / 小型: 40
トイレ 男大: 3 / 男小: 9 / 女: 11
障害者用施設 駐車場: 1 / トイレ: 1

スマートICを利用して時短レジャー!

楽しみながら寛げる温泉

強首温泉 樅峰苑新しいウィンドウが開きます
秋田県大仙市強首字強首268

クラシカルな建物が目を引く「樅峰苑」は、大正時代に建築された豪農・小山田家の屋敷をそのまま活かした、登録有形文化財の宿。敷地内に源泉を持つ「源泉掛け流し」で、茶褐色の湯色が特徴的です。

ひのきの内風呂は立ち寄り湯としての利用が可能で、露天風呂は宿泊客専用の貸切風呂。敷地内には小山田家が所蔵する貴重な歴史的資料や装飾品を展示する資料館もあり、歴史や文化を感じながら「秘湯」を堪能できる、贅沢な宿です。

西仙北ぬく森温泉 ユメリア新しいウィンドウが開きます
秋田県大仙市刈和野字山北ノ沢5-4

鳥海山を臨む露天風呂が自慢の「ユメリア」。洋風浴室と和風浴室があり、それぞれ一日ごとに男湯・女湯を入れ替えているため、2日通えばすべての浴室が利用できます。立ち寄り湯はもちろん、宿泊施設や居酒屋、宴会場などもあり、個人でも団体でも楽しめる場所です。
地元のスター、俳優の柳葉敏郎さんの写真や衣装などが見られる展示室は必見です。

豊かな水に恵まれた地

白糸の滝
秋田県大仙市協和峰吉川

国道341号線から舗装されていない山道を約700メートルほど進み、さらに徒歩で200メートル。ひんやりとした空気の中、川沿いを進んでいくと現れるのが「白糸の滝」です。別名「峯の白滝」とも呼ばれ、観光秋田30景に選ばれている名所の一つ。水のせせらぎに心癒やされたいときは、ハイキング気分で山歩きを楽しんでみてはいかが?

雄清水・雌清水(宿農村公園)
秋田県大仙市大沢郷字宿

大沢郷宿の入り口にある小山の麓から、毎分500リットルの清水がこんこんと湧き出している「雄清水・雌清水」。「延命の水」との言い伝えもあり、日本酒の仕込み水にも使われている名水です。清冽で、ほのかに甘みを感じるスッキリとした味わいの水。どなたでも自由に利用できますので、ペットボトルや水筒をお持ちの方は、ぜひ持ち帰って味わってみてください。

地元の名産品を買って、ほっと一息

道の駅かみおか 茶屋っこ一里塚新しいウィンドウが開きます
秋田県大仙市北楢岡字船戸187

旅のお土産を探すなら、地元の名産品や産直野菜を扱う「茶屋っこ一里塚」へ。レストランや寝転べる休憩所、夜間でも道路情報を提供する「見えるラジオ」を設置しており、ドライブ中の休憩スポットとしても最適です。

地元企業である東北醤油のオリジナル商品、しょうゆにかつおだしを加えた万能つゆ「味どうらく」と、それを使ったお菓子類が人気。また直売所には、生産者の顔写真と共に、新鮮な野菜の数々が並んでいます。
またレストランでは、地元産の「あきたこまち」を使ったメニューや、秋田名物「稲庭うどん」などを味わうことができます。

周辺おすすめグルメスポット

和ダイニングふじ
秋田県 大仙市大曲通町1-28

ご当地B級グルメ「大曲カレー旨麺」が看板メニューの「和ダイニングふじ」。「大曲カレー旨麺」は、1980年代に大曲の若者達の間でブームになったメニューを約10年前に復活させたもの。ラーメンでもない、うどんでもない、オリジナルの麺に和風だしとスパイシーなカレーが絶妙のバランスで絡み合う、どこか懐かしい味です。白いご飯と真っ赤な福神漬が添えられるのが特徴です。

そのほか、カレー焼きそばや、研修を受けて「麺許状」を取得した店でしか出せないという「横手やきそば」など、麺好きにはたまらないメニューが揃っています。
【写真:左・横手やきそば、中央・大曲カレー旨麺、右・カレー焼きそば】

花火と綱引きの二大イベント!

大曲の花火新しいウィンドウが開きます

大仙市の名物は、何と言っても「花火」。8月下旬に行なわれる「全国花火競技大会」、通称「大曲の花火」は、日本三大花火大会の一つで、毎年80万人以上の人が訪れ、一大イベントです。

しかも大仙市では、一年中、市内の様々な場所で花火大会が開かれています。10月には飯田沼つり公園で「大曲の花火 秋の章」を開催。年間の花火大会の日程は、大仙市観光物産協会の「日めくり花火暦新しいウィンドウが開きます」で確認できます。

刈和野の大綱引き

そして大仙市のもう一つの名物イベントが、毎年2月10日に行なわれる「刈和野の大綱引き」。室町時代から500年以上続く伝統行事で、直径80センチ、長さ200メートル、重さ20トンの大綱を、上町・下町に分かれて数千人が引き合います。その戦いは、30分以上に渡ることもあるとか。
真冬に行なわれる行事ですが、参加者と観客の熱気に満ちた、大迫力のお祭りです。

オススメのお土産

万能だし「味どうらく」とのコラボ商品は、「茶屋っこ一里塚」だけの限定販売品。地元で取れたタケノコを水煮にした缶詰は、少々重くても買って帰る価値がある、しみじみとした旨味。六郷地区の名水を使い、水本来の味にこだわった「仁手古サイダー」は、ドライブ中の喉の渇きを、爽やかに潤してくれます。

その他周辺スポット
  • 払田柵跡
  • 旧池田氏庭園

さらに詳しい情報は…

NEXCO東日本NEXCO中日本NEXCO西日本
TOPに戻る