料金所の通過

遵守事項と禁止事項を守ろう!

ETC車載器とゲート間では詳細なデータを瞬時に交信しています。不規則な挙動によって起こる可能性のある二重課金などを防ぐために、また安全の確保のために、以下の走行をお願いしています。

誘導線内の通過
徐行通過の厳守
車間距離の確保
並走・郡走の禁止
追い抜きの禁止
バックの禁止

誘導線内を走行しよう料金所(ETCゲート)を通過する際は、必ず路面に表示された誘導線内を走行してください。誘導線外を通過すると通信エラーを引き起こすことがあります。またバーの開閉が行われないなど、思わぬ事故を引き起こす可能性もあります。

20km/h以下に減速し徐行して走行しよう

ETC車載器とゲート間の確実な通信を行うため、また開閉バーが開かなかったといったアクシデントが発生した際にも安全に退避できるように、20km/h以下に減速し徐行して走行してください。

十分な車間距離の確保しよう

なんらかの理由で前車が急停車する場合があります。そうした場合にも安全に停車できるように十分な車間距離を保って進入してください。

並走・群走・追い抜きは禁止です

料金所レーン内での並走や群走、また追い抜きや追い越しは通信エラーを引き起こす可能性があります。必ず1台ずつ通過してください。またETCレーンに四輪車が停車している場合の追い抜きも、絶対に行わないでください。通信エラーだけでなく、重大な事故を引き起こす恐れがあります。

もしもこんな時

開閉バーが開かなければ通り抜ける

開閉バーが開かなかった場合、そこで停車していては追突される危険があるので、開閉バーを避けて、そのままETCレーンを通り抜けましょう。

通過したのが入口なら※

出口ではETCレーンを利用できません。「一般」レーンまたは「ETC/一般」レーンに入り、係員に入口料金所名と通り抜けた旨を申し出てください。 ※入口で通行料金の精算をする料金所、首都高・阪神高速 の入口の場合には、「通過したのが出口なら」をご参照ください。

通過したのが出口なら

通行料金を支払いできていません。駐停車が禁止されていない場所に停車して、安全を確認のうえ、利用した料金所を管理する高速道路会社のお客さまセンターに連絡し、走行状況を伝えてください。連絡しないまま放置すると、不正通行として取り扱われることがあります。