ETC安全走行ガイド

「ETC専用」か「ETC/一般」レーンを利用

  • ETCを利用できるのは、「ETC専用」のETCレーンと「ETC/一般」の混在レーン。料金所のレーンごとに車線案内表示板があるので、それに従い早めに車線変更をしましょう。
こんな行為は危険です

停車中のクルマは追い越さない

急なレーンチェンジは大変危険ですので、後方を確認し、距離に余裕をもって行ってください。

ETCレーンでは、スピードは時速20km以下、車間距離をあけてゆっくり通過

ETCレーンに設置されている開閉バーは、車載器とアンテナの通信が正常に行われなかった場合(通信エラーなどにより)、開かないことがあります。開閉バーが開くまでは、いつでも安全に停止できる速度(20km/h以下)に減速し、開閉バーの作動を確かめてから進んでください。

  • 時速20km以上の場合、バーの手前で止まれません。
  • 前車と十分な車間距離をとった上で、開閉バーの手前で安全に停止できるよう十分に減速し、開閉バーが開いたことを確認してご通行ください。

ETCレーンでは十分な車間距離をとってください

ETCレーンでは、前車が、何らかの理由で停車することがありますので、十分な車間距離をとってください。

開閉バーが開かず、前のクルマが急停車

「ETC/一般」レーンで前のクルマが料金支払いのために停車

ETCレーンでは、開閉バーと右前方の表示器を確認

ETCレーンを通過するときは、右前方にある路側表示器の表示を見て、開閉バーが開くのを確認してから通行しましょう。
※インターホンが設置されていない料金所があります。

こんな行為は危険です

停車中のクルマは追い越さない

停車して料金支払い中の二輪車をクルマが追い越したり、クルマを二輪車が追い越すのは、通信エラーが起こるうえ、危ないので絶対にしないでください。

バーが開かなくても、絶対にバックはしない

開閉バーが開かない

バーの手前で停車し、ETCレーン内にあるインターホン等を使い、係員に連絡してください。

開かないのが入口なら

自動発券機から通行券を受け取ります。
この場合、出口ではETCレーンを利用できません。「一般」レーンまたは「ETC/一般」レーンに入り、係員に通行券とETCカードを渡してください。料金機構のあるレーンでは、「係員呼出ボタン」を押して係員を呼び出してください。

※入口で通行料金の精算をする料金所、首都高・阪神高速の入口 の場合には、右記の「開かないのが出口なら」をご参照ください。

開かないのが出口なら

ハザードランプを点灯させて、インターホン等で係員に連絡し、指示に従ってください。
係員にETCカードを預け、課金処理してもらいます。

閉じている開閉バーを押し開いて通過してしまった!

通過したのが入口なら※

出口ではETCレーンを利用できません。「一般」レーンまたは「ETC/一般」レーンに入り、係員に入口料金所名と通り抜けた旨を申し出てください。

※入口で通行料金の精算をする料金所、首都高・阪神高速の入口の場合には、「通過したのが出口なら」をご参照ください。

通過したのが出口なら

通行料金を支払いできていません。駐停車が禁止されていない場所に停車して、安全を確認のうえ、利用した料金所を管理する高速道路会社のお客さまセンターにご連絡いただき、オペレーターにETCカード番号、有効期限、車両番号、車両の特徴をお伝えください。

連絡しないまま放置すると、不正通行として取り扱われることがあります。

Check!

  • ETCバーが開かない一番の理由は、カードの入れ忘れです。
  • ETCカードは車載器にしっかり差し込んでください。
  • ETCカードの有効期限にもご注意ください。