閉じる

便利なETC2.0

  1. トップページ
  2. 便利なETC2.0
  3. 「賢い料金」社会実験(一時退出)

一時退出・再進入

高速道路の休憩施設の不足解消に向けた社会実験
高速道路から道の駅に一時退出しても追加料金なしに(全国23箇所)

高速道路において、休憩施設同士の間隔が概ね25km以上離れている空白区間が約100区間存在しています。
この空白区間において、休憩施設等の不足を解消し、良好な運転環境を実現するため、休憩施設間隔が概ね25km以上、ICから2㎞以内の道の駅で、ETC2.0搭載車を対象として、高速道路から一時退出しても、目的地まで高速道路を降りずに利用した場合と同じ料金で高速道路を継続利用できます。(全国23箇所で実施中)
今後、新たに6箇所で実験を行っていく予定です。

利用のための条件

  • ETC2.0搭載車が対象です。(全行程で同一のETCカードをご利用ください)
  • 対象のインターチェンジもしくはスマートインターチェンジでの乗り直しかつ順方向の利用のみ料金措置となります。
  • 対象の道の駅に必ず立ち寄る必要があります。(国道側より道の駅に進入してください)
  • 対象のインターチェンジもしくはスマートインターチェンジ退出後、2時間以内に同一のインターチェンジから再流入してください。

マップ全体に戻る

PICK UP !

注目の道の駅をご紹介

中国エリア
奥大山

米子道:江府IC

鳥取県日野郡

四国エリア
丹波おばあちゃんの里

舞鶴若狭自動車道:春日IC

兵庫県丹波市

四国エリア
みまの里

徳島自動車道:美馬IC

徳島県美馬市

道の駅一覧

一時退出実験対象道の駅箇所PICK UP →

ご覧になりたい地域を選んでください。

北海道エリア

一時退出可能な道の駅はありません。

東北エリア
関東エリア
北陸エリア
中部エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
九州・沖縄エリア

PAGETOP